お肌の健康相談室

最近のトピックス

皮膚科女性医師によるスキンケアにまつわる最新情報など

2011年05月08日(日)

ストレスと肌

この度の地震・津波・原発事故等により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
一日も早い復旧と皆様のご健康を心からお祈り申し上げます。

東日本大震災から2カ月が経とうとしています。
余震とは思えない大きな地震,1カ月前にもありました。
被災地の方々はもちろんのこと,東日本の人たちは,またいつ来るかわからない余震や原発事故の恐怖と,そして日本中の人たちが,先の見えない「不安」や「ストレス」を抱えて生活しています。
震災後,こういったストレスによる肌状態の悪化を訴えられる患者様が多く来院されました。

  • 地震,停電で食事のバランスが悪くなり,ニキビができた
  • 地震後,不安で熟睡できず,肌の調子が悪い
  • 生活のリズムが狂って,肌のコンディションがよくない

皮膚は、外からの異物を入れないよう防御する「バリア機能」,
そして侵入しようとする菌や異物を攻撃する「免疫機能」という役割があります。
そして、水分を蒸発させない働きもあります。

ストレスにより,ニキビやアトピー性皮膚炎が悪化することは,日常の診療においてもよく体験することです。
どうしてストレスにより,肌は影響を受けるのか,興味あるところです。

この4月,横浜にて日本皮膚科学会総会が開催予定でしたが,震災の影響で中止となりました。
この学会で「皮膚疾患の心身医学的アプローチ」という講演が予定され,そのプログラムに,「急性ストレスでは末梢神経から放出される神経ペプチド(神経が分泌するホルモンなどの総称)の炎症反応増強作用による皮膚炎の悪化,慢性ストレスでは内因性グルココルチコイド(副腎皮質から分泌されるステロイド系のホルモンで,血糖量を上昇させる作用や,ストレス反応の中心的役割を果たすアドレナリンの作用を助長するといった作用をもつ)によるセラミド合成障害にて,皮膚のバリア機能が障害される。
そして実験的に,ストレスを伝達する物質が皮膚バリア機能障害を誘導することを明らかにした」との内容が記載されていました。
ただこの実験は,設定された条件下でも必ず同じ結果にならないとも記載されており,ストレスの感じ方の違い,ストレスへの対処方法の違い,そのときの身体的状況により反応が異なるのかなどと,その理由を私なりに考えてみましたが,ぜひ次なる機会にこの発表を聴きたいと思っております。

「皮膚(肌)は第三の脳である」と資生堂新成長領域研究開発センターの傳田光洋さんは提唱されています。
そして,神経系が密集している腸を「第二の脳」と呼んでいます。
たしかに,無意識のなかで感じる腸や皮膚の感覚は,脳以上に敏感ですよね。
ストレスを感じているときに,それを無視しようとしても,食欲は落ち,お腹の調子も悪くなるし,お肌の状態も悪くなりますよね。
ストレスを感じているときこそ,無意識に感じられる安らぎ,温かい優しい食事をとったり,お気に入りのタオルや人やペットの温もりに触れたり・・・大切ですよね。

[赤井クリニックスキンケア] 赤井惠子
Posted at 17時27分   パーマリンク

2011年02月07日(月)

お茶石ケンにご用心

最近の日本臨床皮膚科医会雑誌に、“お茶石ケン(加水分解コムギ末配合)”が原因で全身性の即時型アレルギー、アナフィラキシーが出現したという、ちょっと興味ある報告が載っていました。それと関係して、厚労省よりの“加水分解コムギ末を含有する医薬部外品・化粧品の使用上の注意事項等について”という通達のコピーも載っていました。
このアレルギー、アナフィラキシー、皮膚科医の私、今まで知りませんでした。ですから、一般消費者の認知度はゼロかと思われます。
しかし、今後生命にかかわる深刻なことになるかもしれず、広く消費者にお知らせする必要があると考えました。

さて、お茶石ケンで顔を洗うことが、全身性の即時型アレルギー、アナフィラキシーの原因となり、生命の危険もあるなんて、すぐにはストンと理解できませんよね。整理すると、お茶石ケン(大変売れているそうです)に配合されている“加水分解コムギ末”が、顔面皮膚や眼瞼粘膜から、経皮膚あるいは経粘膜で吸収・感作され、その結果小麦アレルギーができあがってしまうと、小麦(パン・スパゲティ・うどん等)を食べた後に運動負荷(歩行・ランニング・テニス等)がかかると、食物(小麦)依存性運動誘発アナフィラキシーが起きて、生命の危険にさらされることもあるというストーリーです。

さて、アナフィラキシーの症状というのは、アレルギーのひどいものにあたり、マブタが腫れる、全身のじんま疹、呼吸困難、血圧低下などです。すぐに救急車を呼ぶべき状態です。多くの人には無害でも、小麦アレルギーの人にとっては、恐るべき加水分解コムギ末、ですね。これは、泡立ちを良くする、手触りをなめらかにするなどのメリットがあり、お茶石ケン以外にも、高級石ケン、シャンプー、リンス、浴用剤、除毛剤、育毛剤、パーマ前処理剤などと、結構医薬部外品、化粧品に配合されています。でも、購入した製品の本体容器や箱に全成分が表示されているはずなので、誰でも確認はできます。なかなか良くならない目の回りの湿疹や、小麦を食べてじんま疹など出る方は、是非確認してみて下さい。

この世の中、本当にいろいろなアレルギーがあるもので、知識がなければその原因が何なのか、想像すらできないことも多いです。それにこの場合のように、顔を洗う石ケンと食べる小麦が強い因縁で結ばれて、アレルギーが起こることがあるなんて、ビックリ!です。

[やんべ皮膚科クリニック] 山家英子
Posted at 17時02分   パーマリンク

2011年01月08日(土)

小麦成分配合の化粧品にご注意ください

皮膚科で扱うアレルギー疾患の中に「小麦依存性運動誘発アナフィラキシ―(アレルギー)」という病気があります。
これは、麺類やパンといった小麦を含む食事を摂取した後、運動や歩行により全身に蕁麻疹(じんましん)および血圧低下、意識消失などアナフィラキシ―症状をおこすもので、命にかかわる重症の病気です。

去年、小麦成分(加水分解コムギ末)配合の石鹸を使用していた20〜30歳台の女性、数例にこの症状があらわれ、厚生労働省は10月15日に注意を呼び掛けた文書を発表しています。
いずれも鼻アレルギーやアトピー性皮膚炎の既往があったとのことで、全例が加水分解コムギ末を含有する石鹸をおよそ2年間使用しており、洗顔後の顔のかゆみがあったとのことです。

厚生労働省は同成分を含む製品の製造販売業者に対し、小麦成分を含むこと・使用中の異常があった場合は使用を中止するよう製品に明記することや、全身性アレルギー発症例の連絡があれば速やかに関係機関に報告するよう通知していますが、なんらかのアレルギーの症状をお持ちのかたは石鹸以外でも小麦成分が含まれていることがありますので、化粧品を選ぶ時には、小麦成分(加水分解コムギ末)が含まれている製品かどうか、充分注意なさることをおすすめいたします。

[西井皮膚科クリニック] 西井貴美子
Posted at 19時28分   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

8

2011


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

PHOTO

プラズマがニキビ肌を再生します

プラズマがニキビ肌を再生します

ニキビ痕・傷痕治療に新たなるレーザー

ニキビ痕・傷痕治療に新たなるレーザー

QスイッチNd:YAGレーザーによるレーザートーニング治療をご存知ですか?

QスイッチNd:YAGレーザーによるレーザートーニング治療をご存知ですか?

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 The health consultation room of the skin All rights reserved.