外国製化粧品の落とし穴

鈴木真理著『素肌美人になる本』(チクマ秀版社)より抜粋

円高を背景に、海外に出かける人の数は年々増え続けています。お土産に日本では手に入らないような外国製化粧品を買い求める人や、外国旅行に行く人に頼んで買ってもらう人も多いようです。また、個人輸入も盛んになっています。

確かに外国製化粧品には色鮮やかなものもありますし、化粧水や美容液などでも日本製とは一味違うものが少なくありません。気になるのは、その一味違うところです。日本では厚生省が、安全性の面から化粧品に使用することのできる成分を決めています。外国のメーカーの製品であっても、日本で製造されているものは、この認められた成分だけを使用して作られています。海外で販売されている化粧品が一味違うのはこのためです。

欧米の有名女優と同じブランドのものを使っているというのは、気持ちの良いものです。でも、ちょっと待ってください。最近わかってきたことですが、私たち日本人のような、いわゆる黄色人種の肌は、白人たちよりもデリケートなのです。香料やアルコールなど刺激性の成分を、白人たちの肌に合わせて調合している外国製化粧品では、日本人に刺激が強過ぎる場合があります。メーキャップ化粧品の色素にしても、日本では認可されていないものが使われていることがあります。このため日本人の肌に合わない場合があります。つまり、安全性が保証されていないのです。

もちろん、外国製化粧品を使って、何の問題もない人もいます。事実評判の良い化粧品もあります。だからといってだれでも大丈夫というわけではないのです。化粧品の場合は、不用意に友達に勧めたり、プレゼントしないほうがよいでしょう。